30日間無料体験
オンライン見積
資料ダウンロード

決済端末連携

  • 決済端末連携<br>
【stera terminal】<br>KING OF TIME アプリケーション1
  • 決済端末連携<br>
【stera terminal】<br>KING OF TIME アプリケーション2
  • 決済端末連携<br>
【stera terminal】<br>KING OF TIME アプリケーション3
  • 決済端末連携<br>
【stera terminal】<br>KING OF TIME アプリケーション1
  • 決済端末連携<br>
【stera terminal】<br>KING OF TIME アプリケーション2
  • 決済端末連携<br>
【stera terminal】<br>KING OF TIME アプリケーション3

決済端末連携
【stera terminal】
KING OF TIME アプリケーション

価格はお問合せください。

※ 三井住友カード株式会社が提供するサービスとなります。
お問合わせはこちらよりお願いします。

店舗で働く従業員の勤怠打刻を「stera terminal」で実現

オールインワン決済端末「stera terminal」は一台でクレジットカード、電子マネー、各種コード決済など、あらゆる決済手段に対応できるキャッシュレス決済端末です。
決済の他にも業務効率化に利用可能なAndroidアプリケーションを取り揃えた、アプリのマーケットプレイス「stera market」があります。
KING OF TIMEアプリは従業員がstera端末に交通系ICカードをかざすだけで出退勤の管理ができる専用アプリケーションです。

無線環境設置時の注意事項

・WiFiルーターはできるだけ壁や床に密着させず、見通しの良い場所に設置してください。
 WiFiルーターと端末は、同一部屋内への設置を推奨いたします。
・WiFiルーターから端末の距離は1m以上、20m以内(目安)に設置してください。
 遠くなると電波が弱くなり通信が不安定になる場合があります。
 また、近すぎる場合には電波が強くなりすぎるため、通信が不安定になる場合があります。
・5Wi GHZFi WiFiで多く使用されているルーターを使用することを推奨します。
・WiFiで多く使用されている2.4 GHZの周波数帯は、電子レンジ、 Bluetooth機器、コードレス電話、
 リモコンなどの機器でも多く使用されており、干渉も考えられるため、推奨いたしません。
・自店舗内または近隣で使用しているWi接続が不安定になる可能性があります。

※設置環境によって、以上のような設置が難しい場合は、有線LANでのご使用を推奨します。

適した業種・環境

小売業や飲食業など、決済端末をご利用になる企業様

導入のメリット

決済端末上で打刻ができるため、レジ周りを占拠していた端末や配線が一つにまとまり、省スペース化を実現できる画期的な打刻方法です。

必要な環境

■ 無線LAN
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
(セキュリティ方式は、WPA2-Personal/WPA2-Enterprise(TLS, TTLS, PEAP, PWD))

■ 有線LAN
IEEE 802.3
 10BASE-T(half duplex/full duplex)
 100BASE-TX(half duplex/fullduplex)
オートネゴシエーション対応

端末仕様

【CPU】ARM系 Octa Core
【外形寸法(幅×奥行き×高さ)】約108 mm(一部112 mm)×266 mm×100 mm(突起物を除く)
【消費電力】約48 W(本体の電源を切っているとき 約0.3 W)
【Bluetooth】Ver5.0(対応プロファイルは、SPP/HID/BLE(GATT))
【質量】約956g(ロール紙・ACアダプターは除く)