30日間無料体験
オンライン見積
資料ダウンロード

導入価格

ワンプライスで全機能が使えます 登録人数に応じた従量課金制です。シンプルな料金体制のため、コスト計算も簡単におこなえます。 初期費用0円 初期契約費用は必要ありません。データベース構築など開発コストをかけずに、高機能勤怠管理システムがすぐにご利用いただけます。 ※有料の打刻機をご利用の場合のみ、打刻機本体の購入費用が別途発生いたします。 ランニングコスト 毎 … 続きを読む 導入価格

freee

クラウド人事労務ソフト 毎月の給与計算から年末調整などの年1回の事務、入社手続きや法定三帳簿の作成などの労務管理まで、freee 1つでまとめて行えます。 ①プラン料金 人事労務freeeの料金体系は、下記の通りです。(表示金額は全て税別) ※エンタープライズのお問い合わせフォームはこちら ②追加料金 必要に応じて購入可能な追加料金は下記の通りです。(表示金 … 続きを読む freee

入退室管理連携

Akerunは、高額な入退室管理システムを導入する事なしにセキュリティを強化し、スマートな電子ロックが実現できます。 設置は貼り付けるだけ ICカードでの解錠 必要な環境・推奨環境 Akerun購入前に、対象のドアに取り付け可能かどうかを確認してください。 ・Akerunは、すべて貼り付けるだけとなります。 ・取り付けるドア └ 開き扉に対応しております。 … 続きを読む 入退室管理連携

温度検知連携

SenseThunder設置の推奨環境 ・屋内/無風での温度17℃〜30℃ ・直射日光、熱源/照明を避ける Wi-Fi接続について ・SenseThunderが対応するWiFiは2.4GHzです。 5GHzには対応しておりません 適した業種・環境 温度検知をアナログで管理している企業様 小売飲食等のサービス業、製造業などマスクしたまま顔認証打刻をしたい企業様

機能

勤怠管理の改善に必要な機能を豊富に揃えました。 KING OF TIMEは勤怠管理に必要なあらゆる機能を豊富にそろえています。法改正やユーザー様の声を反映して長年バージョンアップを重ねてきました。紙のタイムカードやExcelでの勤怠管理など、貴社独自の勤怠ルールからもスムーズに移行可能です。また、サポートやオンラインヘルプが充実しているので機能を最大限にご活 … 続きを読む 機能

お問い合わせ

※課金体系の変更メール及びメール配信停止についてのお問い合わせはこちら

「第13回 HR EXPO 秋」に出展致します!

2023年9月27日(水)~29日(金)の3日間、幕張メッセにて「人事労務・教育・採用」サービスが一堂に出展する「第13回 HR EXPO 秋」に出展致します。 出展ブースではクラウド勤怠管理システム「KING OF TIME 」及び豊富な連携サービスのご紹介も行っています。 また様々なタイプの打刻機体験コーナー、製品導入に向けた個別デモ・商談スペースもご用 … 続きを読む 「第13回 HR EXPO 秋」に出展致します!

作成して完了ではない?就業規則の活用ポイント ~ [ 採用・異動 ] 編 ~

監修:社会保険労務士法人 ヒューマンリソースマネージメント 特定社会保険労務士 馬場栄  監修:社会保険労務士法人 ヒューマンリソースマネージメント 特定社会保険労務士 馬場栄  今週のピックアップ 【労務情報】 ◆ いざというときに活用できる就業規則にするためには? ◆ ワンポイント解説「採用」 ◆ ワンポイント解説「異動」 【KING OF TIME 情 … 続きを読む 作成して完了ではない?就業規則の活用ポイント ~ [ 採用・異動 ] 編 ~

データ分析

法令順守は可視化から KING OF TIME データ分析は、従業員の働き方を可視化することで労務におけるリスクヘッジや生産性向上を意識づけるクラウド型のデータ分析システムです。 時間外労働の把握 勤怠管理システム「KING OF TIME」から自動で時間外労働時間を取得し、全従業員のデータをグラフ化します。前年対比や部署別ランキングで勤怠データの有効活用を … 続きを読む データ分析

【フレックスタイム制度とは?】 ~柔軟な働き方の導入、雇用の流動化における留意すべき点~

監修:特定社会保険労務士 馬場栄 そこはかとなく金木犀の香りがただよいくる頃となりました。 皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。ヒューマンテクノロジーズの佐藤です。 働き方の多様化が進み、生産性向上や競争力強化、女性の活躍推進を理由にテレワークやフレックスタイム制度の取り込みを積極化している企業も多いのではないでしょうか。 柔軟な働き方の1つとして、フレック … 続きを読む 【フレックスタイム制度とは?】 ~柔軟な働き方の導入、雇用の流動化における留意すべき点~